試行錯誤であみだした顎ニキビ撃退法の口コミ

高校生ぐらいからニキビに悩まされていました。特に顎ニキビは小さめの物がぷつぷつとできていて、できては消えできては消えを繰り返していました。

学校に厚化粧をしていくわけにもいかず、おでこニキビなら前髪で隠せますが、顎ニキビは隠せないので困っていました。
どうにかニキビを早く治す方法はないかとインターネットで調べ、いろいろ試してみました。

そのなかで私の肌に一番効果があったのが、ニキビをとりあえず保冷剤などで冷やします。そのあとニキビの薬を塗るのではなく、のせる感じでこんもりとニキビに塗っていきます。あとは冬であろうが夏であろうが関係なく、体に熱がこもらないようにします。

体温が高くなるとニキビが悪化したり、また違うところにニキビができるので、体温調節はすごく大事です。
顎ニキビは小さいぷつぷつなので気になって触ってしまってたのですが、触らないように我慢しました。

この方法をすると今までより比較的早くニキビの赤みがおさまり、治りも早くなりました。
いくら食生活を徹底し、睡眠を多くとっていても生理前になるとホルモンバランスが崩れて、どうしても顎ニキビができてしまうので、この方法をあみだしてからはすごく助かっています。

大事な結婚式の前日に突如あらわれた顎ニキビができた私の口コミ

私は、結婚式という大事な日の数週間前は、式の最終準備に追われ不規則な生活をしていました。式の緊張と不安でストレスにもなっていたと思います。

そして、式の前日、大きな顎ニキビが二つ出来てしまいました。鏡を見て、ガッカリした気持ちになりました。結婚式は一生に一回ですし、色んなアングルから写真を撮られるので、顎ニキビがあっては花嫁姿も台無しです。

とにかく、翌日の結婚式までに顎ニキビを目立たなくさせたかったので、泥パックとスチームを顔全体に当てることくらいしか出来ませんでした。

結婚式当日は、顎ニキビは赤みが増していましたが、凹凸感は若干落ち着いたように見えました。式場のメイクさんにお願いしてニキビが目立たなくなるようにできる限りのメイクをお願いしますと頼みました。

ニキビの赤みは化粧下地、リキッドファンデーション、パウダーファンデーションで隠すことができましたが横から見ると、ニキビがボコッとしていてバレバレでした。

せっかく、綺麗なドレスを着ても、ずっと顎ニキビが気になってしまってちっともキレイだと思いませんでした。
私はあまり、顎のニキビに気づいて欲しくなかったので、挙式と披露宴の最中は、ずっと下ばかりを見ていました。

化粧で隠し続けた顎ニキビを完治させた私の口コミ

私は、年中顎ニキビに悩まされていました。市販の塗り薬も、効果がありそうなものはいろいろと試しましたが効果がありませんでした。

スキンケアも口コミで評判が良いものはいろいろと試しましたが効果はありませんでした。
仕事でストレスが多かったため、治ることもなく「私はこういう体質なんだ」と半分諦めていました。
そのため、いつも化粧をする際にはリキッドファンデーションでしっかり隠すのが日課でした。
そんな時、別件で皮膚科に行った際に、ふと、ついでに相談をしてみたことから薬を出していただきました。劇的に変化があったのはこの頃からでした。
あわせて食生活も改善し、あまり脂っこいものを食べ過ぎないようにしました。さらに豆乳を毎日飲むように心がけていました。

すると、気づいた頃には顎ニキビは出来なくなっていました。
もともと顔が脂っぽくなりやすく夕方には放っておくとベタベタになってしまっていたのですが、食生活を改善したせいか、あまり顔がベタベタすることがなくなりました。

今は、食生活の改善のみ続けており、ほぼできることがありません。
リキッドファンデーションには頼らず、パウダーファンデーションで薄塗りで大丈夫になりました。